Real Estate Crowdfunding

不動産クラウド
ファンディングとは

不動産クラウドファンディングは、「不動産特定共同事業法」の電子取引の認可を受けた事業者だけが出来るサービスです。
ある特定の不動産を特定の期間だけ組合、または出資者で共同所有し、その利益(損益)をシェアするという投資方法。
通常の不動産への直接投資の際にハードルとなる、「初期投資の大きさ」や不動産を取得した後に悩みとなる「賃貸管理の手間」などを解消した新しい投資不動産所有のカタチです。

不動産クラウドファンディングとは 不動産クラウドファンディングとは
特徴
1万円から始められる
特長 1
おまかせ運用

運用期間中は相場を気にする必要はなく、不動産からの利益を投資家に配当致します。運営・運用・管理を一括で当社が行い、リターンの確実性を高めます。

幅広い不動産関連事業ノウハウ
特長 2
幅広い不動産関連事業ノウハウ

当社は不動産オーナー業を始め、売買賃貸コンサルティング・管理をメイン業務とし、高い専門性を備えております。自らオーナーとして運用してきた実績と目利きにより、高い精度で査定を行い、提供還元して参ります。

多様な商品ラインナップ
特長 3
Globalbank Funding の利用手数料は不要

投資家は当社サービス利用に伴う手数料は頂いておりません。まずは会員登録を行って頂き、投資機会をつかんで下さい。

長年の経験と実績による 高い不動産運営力
特長 4
リスクを減らす運用設計

当社のファンド商品は「優先劣後方式」を採用することにより、投資家の出資元本の安全性をバックアップする取り組みを行っております。※元本を保証するものではございません。また商品毎に方式が異なります。詳しくは各ファンド概要をご確認下さい。

優先劣後によるリスクの低減

物件の運用期間中や売却時に損失が発生した場合は「優先劣後システム」により
劣後出資割合分までの損失は劣後出資者である当社が負担します。

※ファンドによりスキームは異なりますので、各ファンドの詳細情報をご確認ください
「優先劣後システム」とは?

優先劣後システムとは、お客様を「優先出資者」、当社を「劣後出資者」と定義し、元本の償還及び配当金の支払いを優先出資者に優先的に行うことで、優先出資者であるお客様の元本及び配当金の安全性を高める仕組みのことを言います。
空室や修繕費の発生により家賃利益が減少した場合であっても、まずは劣後出資者の配当金から減らしていくため、一定割合の損失まではお客様への配当金に影響いたしません。
また、物件売却時に売却価格が出資総額を下回った場合でも、発生した損失が劣後出資者である当社の出資範囲内であれば、お客様の出資元本に影響しない仕組みとなっています。

「優先劣後システム」とは? 「優先劣後システム」とは?

会員登録して始める会員登録は無料です

新規会員登録